現在位置: ホーム > 本会組織
  • 当会について
  • 世 話 人
  • 設立趣意書
  • 会  則
  • English

緩和医療研究会
 

平成3 (1991) 年9月1日 世話人会発足
平成4 (1992) 年2月15日 設立総会(岡山衛生会館中ホール)
平成23 (2011) 年3月5日 第19回総会にて,対象を「がん」以外の疾患に拡げ,会員を「医師」以外に拡げる方針を決定(規約改正を予定)。
平成24 (2012) 年2月11日 第20回総会にて会則を改訂,第1条の「ーー末期(がん)の症状コントロールを考える医師の会ーー」を削除承認。
平成25 (2013) 年3月2日 第21回総会にて趣意書・会則の事務局改訂案を承認し,条文のさらなるブラッシュアップを世話人会に一任
平成26 (2014) 年1月28日 世話人会メーリングリストにて趣意書・会則の改訂第2版を承認。本サイトにも掲載
平成26 (2014) 年3月29日 第22回総会にて趣意書・会則の改訂第2版を承認

《事務局》
〒702-8058 岡山県岡山市南区並木町2丁目27-5(かとう内科並木通り診療所気付)
Tel:086-264-8855  Fax:086-264-8846
金融機関口座:伊予銀行岡山支店 普通口座1478946(名義:緩和医療研究会 事務局世話人 加藤恒夫)
ホームページ:http://www.kanwa-okayama.jp/
e-mail : fvgn6334@mb.infoweb.ne.jp

  緩和医療研究会 世話人

(平成29(2017)年10月現在)

〈代表世話人〉
 斎藤信也 岡山大学大学院保健学研究科教授
〈監査〉
 田中紀章 岡山大学名誉教授,本研究会前代表世話人
〈世話人〉(五十音順)
 石原辰彦 岡山済生会総合病院診療部長
 伊波茂道 岡山大福クリニック乳腺外科部長
 入江伸  倉敷市立児島市民病院泌尿器科医長,診療部長
 岩垣博巳 国立病院機構福山医療センター院長
 片岡仁美 岡山大学大学院医歯薬学総合研究科地域医療人材育成講座教授
 片山英樹 岡山大学病院緩和支持医療科助教
 加藤恒夫 かとう内科並木通り診療所院長(事務局担当)
 北村吉宏 国定病院院長
 木村秀幸 岡山済生会総合病院外科診療顧問
 古口契児 倉敷市立児島市民病院緩和ケア内科医長
 榮勝美  岡村一心堂病院がんセンター長・放射線治療科部長
 佐藤勝  岡山大学大学院医歯薬学総合研究科地域医療人材育成講座教授
 下妻晃二郎 立命館大学生命科学部生命医科学科教授
 西江宏行 川崎医科大学附属病院麻酔・集中治療科1講師
 西田真寿美 岡山大学大学院保健学研究科教授
 松岡順治 岡山大学大学院保健学研究科教授,岡山大学病院緩和支持医療科診療科長
 山田了士 岡山大学大学院医歯薬学総合研究科精神神経病態学教授
 

緩和医療研究会 設立趣意書 第2版

 

 周知のごとく,今日,欧米を中心とした世界の緩和ケアの対象は,がんの末期医療から,高齢者の終末期を含めて,治癒困難な患者の苦痛を除去し,残された日々を有意義におくることを援助する方向に移りつつあります。そして,日本においても,同様の機運が高まりつつありますが,まだ,十分な方向付けができているとは言い難い状況です。
 そこで,私たち緩和医療研究会は,医師のみでなくすべての医療・介護・福祉職が手を携えてこの状況に対応し,痛みのコントロールをはじめとする患者の苦痛を緩和し,QOLをより高めるための研究・教育・啓蒙を目的とする「緩和医療研究会」へと方針を転換しました。
 そして,以下の事業を実施する予定です。
  1.がんや高齢者をはじめ,不治の病の症状の緩和(痛みや苦しみをとる)療法を研究し,その普及に努める。
  2.情報紙を発行し,海外と国内の文献や活動を,医師および医療・介護・福祉職を対象として紹介する。
  3.緩和医療を容易にするために,現在の薬剤のあり方(剤型など)について提言をする。
  4.緩和医療の普及を促すため,医療制度の改善を提言する。
 以上の趣旨をご理解くださいまして,みなさまのご協力をお願いいたします。


  平成3(1991)年9月1日
  平成25(2013)年3月2日改訂
  緩和医療研究会 世話人

 

緩和医療研究会 会則

 

第1条 本会は緩和医療研究会と称する。
第2条 本会は次の目的を持つ。
  耐え難い苦痛を有する患者や家族に対する症状のコントロールを全人的立場により研究する。
第3条 本会は次の事業を行う。
 1.年2度の研究集会を開催する。
 2.各地の研究グループと交流をめざす。
 3.その他本会の目的に沿った事業を行う。
第4条
 1.本会は緩和ケアにかかわりを持ち,本会の目的に賛同し,世話人会が承認した医師,医療職,介護職,福祉職,および賛助会員をもって構成する。
 2.賛助会員は議決権を保有しない。
第5条 本会は世話人会および事務局を持つ。
 1.世話人は若干名で,そのうち10名程度の常任世話人が日常の運営にあたり,1名を代表,1名を会計監査とし,任期は2年とする。ただし,再選を妨げない。
 2.事務局は,岡山市南区並木町2丁目27-5におく。
第6条 本会は年1回総会を開催し,次の事項を協議する。
 1.庶務,会計,事業報告
 2.事業計画
 3.世話人の選出
 4.その他,世話人会が必要と認めた事項
第7条
 1.本会は主に会員の会費によって運営する。
 2.会費は年額5,000円(賛助会員は1口20,000円)とし,新年度の2月末日までに事務局宛に送金する。
 3.本会の会計年度は,1月1日に始まり,その年の12月31日に終わる。
第8条 本会の会則の変更は総会の承認を得ることを必要とする。

  平成3(1991)年9月1日
  平成25(2013)年3月2日改訂
  緩和医療研究会 世話人

 

THE ASSOCIATION FOR PALLIATIVE MEDICINE
An Association Addressing Symptom Control for the Terminally Ill
founded 1991, Okayama Japan

Standing Promoters of the Association for Palliative Medicine

Representative:
SAITO Shinya
Professor, Graduate School of Health Sciences, Okayama Univ.
Auditor:
TANAKA Noriaki, M.D.
Emeritus Professor, Okayama Univ.; (Former Representative of this Association)
Promoters:
IHA Shigemichi
Director, Dept. of breast surgery; Okayama Ohfuku Clinic
IRIE Shin
Medical Director, Director of Uology Dept., Kurashiki Municipal Hospital
ISHIHARA Tatsuhiko
Medical Director, Okayama Saiseikai General Hospital Inc.
IWAGAKI Hiromi
Director, NHO Fukuyama Medical Center
KATAOKA Hitomi
Professor, Dept. of Primary Care and Medical Education; Okayama Univ. Graduate School of Medicine, Dentistry and Pharmaceutical Sciences
KATAYAMA Hideki
Research Associate, Dept. of Palliative Support Medicine, Okayama Univ. Graduate School of Medicine, Dentistry and Pharmaceutical Sciences Hospital
KATO Tsuneo (Administrator)
Director, Kato Naika & Namiki-dori Hospital Inc.
KIMURA Hideyuki
Clinical Adviser of Surgery, Okayama Saiseikai General Hospital Inc.
KITAMURA Yoshihiro
Director, Kunisada Hospital Inc.
KOGUCHI Keiji
Director of Palliatie-care and internal medicine Dept., Kurashiki Municipal Hospital
MATSUOKA Junji
Professor, Graduate School of Health Sciences, Okayama Univ.; Director, Dept. of Palliative Support Medicine, Okayama Univ. Graduate School of Medicine, Dentistry and Pharmaceutical Sciences Hospital
NISHIDA Masumi
Professor, Graduate School of Health Sciences, Okayama Univ.
NISHIE Hiroyuki
Senior Lecturer, Dept. of Anesthesiology and ICU 1, Kawasaki Medical School Hospital
SAKAE Katsuyoshi
Director, Dept. of Cancer Center, Radiation, Okamura Isshindow Hospital
SATO Masaru
Professor, Dept. of Primary Care and Medical Education; Okayama Univ. Graduate School of Medicine, Dentistry and Pharmaceutical Sciences
SHIMOZUMA Kojiro, M.D.
Professor, Dept. of Science and Technology (Life Science Division), Ritsumeikan Univ.
YAMADA Norihito
Professor, Dept. of Neuropsychiatry, Okayama Univ. Graduate School of Medicine, Dentistry and Pharmaceutical Sciences

Administration office, Contact

address: ℅ Kato & Namiki-dori Hospital inc.
  27–5 Namiki-cho 2, Minami-ku, Okayama-shi, 702–8058, Japan
e-mail: fvgn6334@mb.infoweb.ne.jp
phone: (81)-(0)86-264-8855  fax: (81)-(0)86-264-8846